注意すべきこと

インプラントは、失ってしまった歯を人工の歯を使って再生させる治療法です。そのため、このインプラント手術を受けるには、いくつかの注意点があります。まず、インプラントの治療は長い治療期間が必要となります。定期的に通うといったわけではありませんが、最初に歯の土台となる部分を埋め込む手術から歯をかぶせるまで約1年間かかります。そのため、一年間の間に他の持病などでの治療や手術が必要といった方は、前もって歯科医師に相談することが必要です。 その次に注意したい点は、インプラントは保険診療ではないということです。健康保険内の治療ではないため、1本につき高額な費用がかかります。予めしっかりと歯科医師の説明を受け、費用に関して同意の上での申し込みが必要です。さらにこの手術 は、全員が受ける事が出来る訳ではありません。顎の骨の異常や口腔内に関しての問題、持病持ち等が事前検査で見つかれば、そちらの治療を優先的に行い、完治した上で手術を受ける事が出来るようになります。

インプラントの手術は、まず歯茎から骨にかけて土台を入れ込みます。この手術の説明を聞くととても恐怖を感じてしまいがちです。しかし実際の手術は、麻酔もきちんとかけられ、不安が強い方には安定剤を投与する等、前処置が適切に行われます。そのため、気付けば終了していたという方も少なくありません。インプラント治療をお考えの方で恐怖感をお持ちの方は、遠慮なく歯科医師にその旨を伝えておくことで対応してもらう事が出来ます。 インプラントは、半永久に自分の歯として生活していくことが出来ます。しかし本当の歯と違い、手術後は定期的に歯科でインプラントの状態をチェックしてもらい、メンテナンスを行う事が重要です。メンテナンスを行われているインプラントは、自分の歯として生き続け、毎日の食事を楽しみ続ける事が出来るようになります。