ケアも大切

歯科インプラントとは、歯を失った場合の治療法の一つです。歯を抜いた後は、ブリッジにするか、部分入れ歯や総入れ歯にする方法のほかに、インプラントを選ぶこともできます。 歯科インプラントの治療は、歯を抜いた場所の骨にネジを入れるための穴を開けてそこに埋め込みます。その穴に入れるネジのことをインプラントというのです。 その上にアパットメントという装置をつけ、さらにその上に歯を入れる外科治療をするのです。 この治療によって、歯が固定されよく天然の歯と同じくらいの強さで噛むことができます。また、両サイドの歯を削る必要がなく、入れ歯のように外れるということもありません。 固定されて、色も天然の歯と同じように見えるので区別がつかないという利点があります。

歯科インプラントを入れた場合は、その後のケアは十分にする必要があります。 歯磨きも丁寧に行い、歯と歯茎の状態に気を使うようにします。歯垢や歯石などは、定期的に歯科に通って掃除をしてもらいます。 歯科側も、定期的に通院するように指示するはずです。歯周病を防ぐためにも気をつけなくてはいけないのです。 虫歯が出来て、歯科に通うといかに歯が大事か考えたりするものです。歯周病のために歯を失ってしまうと、ますますもっと大事にすればよかったと反省します。 歯を失ってもインプラントにすればいいという感覚ではなく、大事だと再認識することで、丁寧に歯磨きをするようになります。 インプラントを入れたら、そこの歯茎や埋め込んだ骨の位置から弱くなる可能性があります。普段から歯磨きと定期的に歯科に通いケアを忘れてはいけないのです。