イメージと現実

現在の矯正歯科では、治療期間中の患者の負担を考慮した矯正器具が開発されており、治療の現場で使用されています。 矯正歯科の治療において、矯正器具の装着は必須です。ただ、従来の矯正器具は、かなり目立つものでした。ですから、装着していると、他人の視線は矯正器具に向けられがちでした。そのことが嫌で、矯正歯科の治療を受けたいと思っていても受けられないという人がいたはずです。 しかし、現在では、歯と同色の矯正器具や透明な矯正器具があります。これなら、従来の矯正器具に比べて格段に目立たないようになっています。また、歯の裏側に装着するので目立たないのではなく、まったく見えない矯正器具もあります。 ですから、矯正器具が目立つという問題は、すでに解決されているのです。

しかし、残念ながら解決されていない問題もあります。それは、高額な治療費の問題です。矯正歯科の治療費の相場は、子供の場合ですと50万円くらい、大人の場合ですと100万円近くになってしまうほど高額なのです。 これほどまでに治療費が高額な理由は、矯正歯科治療の保険適用が、極めて限定的なケースしか認められていないからです。従って、ほとんどの場合、治療費はすべて自己負担となってしまっているのです。 この問題の根本的な解決策は、保険適用範囲の見直しです。しかし、現在のところ見直される気配はありませんので、対処策を講じる他ないでしょう。 対処策は、分割払いにすることです。但し、すべての歯科が分割払いに応じているわけではありませんから注意が必要です。 また、医療費控除を受けるというのも対処策となります。医療費控除とは、医療費の支払いが10万円以上1年間にあった場合、納めた税金の一部が還付されるという制度です。但し、医療費控除が受けられない矯正歯科治療もありますから、これまた注意が必要です。